一歩ずつ少しずつ

一歩一歩少しずつ

キム・ラッキさんのドローイング教本を本屋で見かけて衝動買いしてしまいました。そこそこのお値段(5000えん!)でしたが、今思うと安い買い物でした。

これまで腰回りがどうしても分からなくてテキトーに済ましていたところが、骨格、筋肉から理詰めで理解できるように説明してくれているのがとてもイイ!

日本のイラスト教本のほとんどは、いろんなイラストレーターさんの描きかたのやり方やコツを集めて紹介しているのが多いんですが、一人のイラストレーターさんが通して書いてくれている本の方が合っている気がします。

https://www.amazon.co.jp/キム・ラッキの人体ドローイング-ユン-グァンヒョン/dp/4274225658/ref=sr11?mkjaJP=カタカナ&dchild=1&keywords=ラッキ&qid=1600740725&sr=8-1

とりあえず、自分の絵を骨格から見直すことにして、今描いているやつをいったん放り投げて(オイ!)一から描いてみました

やっぱり骨盤の腸骨陵あたりが難しい・・・

一番ショタの好きな部分なんですが

今まで解剖学やデッサンやあえて避けてきたんですが、これ以上先に進むにはこの道を通るしかないようです。一歩ずつ先に進もうと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました