インピオの魅力たっぷり ”ぼくたちもっといじりたい” タカハシノヲト

今回はインピオを中心に活躍されているタカハシノヲト先生の作品集”ぼくたちもっといじりたい”をご紹介します。

実は自分もインピオ大好きなんですよ。だけど女の子が可愛く描けないんですね。

インピオって男の子も女の子も可愛くエロく描かなきゃいけないのでめちゃくちゃハイレベルな表現力が必要なんですよ。頭の中をショタモード全開にしてると女の子が描けないんですよホント。

という理由なのかわかりませんが、インピオメインでやってる商業漫画家さんって本当に稀少で、もう片手で数えられるくらいしかいないんじゃないでしょうか(他には綺堂先生とたまち先生くらい・・・?)

タカハシ先生の描くキャラは健全作品にそのまま出てこられそうな健全な可愛さのままエロいことをやっちゃうという、まさに力感のないフォームから豪速球という感じなので本当に大好きです。

キスシーンがまたエロい
細かいしぐさがもうかわいいのに・・・
しっかりエロいというこのギャップがたまらない

当然というか、シチュエーションを作るのもめちゃくちゃうまいですね。想像するだけでもうエロいなぁという感じ。自分の理想とするショタはぷにっとしていない、無駄な肉の少ないすらっとしている感じなんですが、タカハシ先生の描くショタはまさしくそんな感じ。でもカワイイんですよ。すごいなぁ。

脇キャラもしっかりエロい

おねショタもあったり、脇役の中学生カップルの初々しいえっちシーンがあったりと、いろんな世代の魅力も余す所なく引き出してる感じです。一冊で何回味わえるんだろう・・・。

とにかくロリ好きもショタ好きもどちらにもおすすめな一冊です。もっとたくさん描いて欲しい・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました